歯磨き粉を変えるだけで簡単ホワイトニング

【歯の黄ばみ】に悩んでいる貴方へ

歯の黄ばみに悩む女性

  • 歯が黄色いのが気になりどうしても作り笑いになる
  • 写真をとるとき、思いっきり歯を見せて写りたくない
  • 自分の歯がばんでいて不潔っぽく見える・・。

そんな貴方は、大きな口を開けて笑うことに抵抗があるのではないでしょうか?

いつの時代も歯が白いと健康で魅力的に見えるのは、本能的なものです。やっぱり歯が白いほうが黄色いより断然良いのはいうまでもありません。タバコのヤニやコーヒーなどの黄ばみをキレイにするには、ホワイトニングジェルがオススメです。

白い歯のイメージ

黄ばんだ歯を白くして自信を取り戻しましょう!

安いホワイトニングジェル比較

歯を白くしたいけど、なるべく安いほうがイイ!誰でも当然のように思いますよね。でも、ホワイトニング効果は高い方が良いに決まっています。

そんな欲張りなホワイトニングジェルの比較したのが下記の表です。価格は、【はははのは】が安いですね。ちなみにホワイト効果は、どれも同じようなものです。

商品名

はははのは ちゅらトゥースホワイト レディホワイト
安さ
初回 1,980円 3,980円 2,750円
2回目以降 2,980円 4,980円 5,500円
総合評価 星5個 星4個 星3個

人気のホワイトニングジェル・ランキング

自宅で可能な安いホワイトニンググッズは、医薬部外品のホワイトニングジェルです。ホワイトニングジェルは、歯磨き粉に含まれる研磨剤が含まれていません。つまりエナメル質が削れないのでより歯にやさしいのです。

今人気で安全に歯のステインがとれるホワイトング・ジェルは、以下のグッズ。安くて安全なホワイトニングジェルがおすすめです。

安全性へのこだわりが半端ない!
はははのは
5
費用1,980円
返金保証10日間
ホワイト成分ポリリン酸ナトリウム、メタリン酸ナトリウム
安全性研磨剤・発泡剤・漂白剤・着色料・合成界面活性剤・パラベンすべて不使用
はははのは

格安安全医薬部外品
白くなったあと再着色しないために10種類の天然成分とココナッツオイルがブレンド。ホワイトニングと口臭予防を両立した医療部外品です。

今なら口元美人の作り方帳とまっしろ歯磨き講座シートが付属しています。

1日たった66円!!

薬用ちゅらトゥースホワイトニング
雑誌で話題の人気商品
薬用ちゅらトゥースホワイトニング
4
費用3,980円
返金保証なし
ホワイト成分ポリアスパラギン酸、リンゴ酸
安全性妊婦使用OK

 話題性医薬部外品
沖縄発の人気のホワイトニングジェルです。研磨剤フリーなので、磨きすぎてもエナメル質を傷めることがありません。ポリアスパラギン酸が汚れを浮かして、りんご酸とビタミンCで黄ばみを除去する仕組みとなっています。

また口臭予防に効果があるGTO(ウーロン茶抽出物とホップエキス)入り

1日2回 133円

レディホワイト
モデル愛用者多数
レディホワイト
3
費用2,750円
返金保証60日間
ホワイト成分ポリアスパラギン酸、リンゴ酸
安全性研磨剤・漂白剤・発泡剤不使用

  
安い医薬部外品返品期間長い

レディホワイトは、モデル達が愛用する歯の美容液。ポリアスパラギン酸(PAA)が強力に歯の黄ばみを吸着して葉を白くする効果があります。安心の医薬部外品なので効果も十分。自宅で自分のペースで簡単に歯を白くすることができます。

口臭予防成分イソプロピルメチルフェノール、GTO(ウーロン茶エキス、ポップエキス)も入っているすぐれものです。

1日2回 45円

自宅で可能な歯のホワイトニング方法

1. ホワイトニングジェル
2. 歯磨き粉
3. ホワイトニングテープ
4. 専用マウスピースに薬剤を塗布して装着
自宅でOKなホワイトニングには大きく分けて4つの手段があります。安全性とホワイトニング効果を考えるならば、ホワイトニングジェルがおすすめです。

それでは、一つ一つ順に見てみましょう。

ホワイトニングジェル

おすすめ
ホワイトニングジェル

通販で購入できるジェルは、黄ばみの原因となるステインを浮かび上がらせる成分が入っています。成分は、ポリリン酸ナトリウムやポリアスパラギン酸などが代表的です。各製品ごとにステインを落とす成分や再着色を防ぐ成分が入ったり、口臭予防成分が入っていたりとオールインワン的なものが多いです。

歯磨き粉

歯磨き粉
市販の歯磨き粉では、白くなる効果というのは非常に弱いです。ですが、歯磨き粉は、ドラッグストアですぐに購入できる一番身近なホワイトニンググッズですね。その中でも、有名なのはアパガードでしょう。エナメル質を修復する成分入りで自然な歯の白さになるのが特徴です。

ホワイトニングテープ

ホワイトニングストリップとも呼ばれるもので、海外では一般的に販売されています。歯科で使用される過酸化水素を使用しているため、日本では規制がかかっていて販売されていません。ちなみに過酸化水素水は、漂白剤としても利用されています。ホワイトニングテープで使用している過酸化水素水の濃度が高めなので、日本では市販が許可されていないのです。そのため、歯茎が弱い方や知覚過敏の方にはお勧めできません。

専用マウスピース

マウスピース
専用のマウスピースに薬剤をつけてはめておく手法でホームホワイトニングやオフィスホワイトニングと呼ばれます。1日2時間ほど装着する必要があるので、意外と面倒で、脱落していく人も・・・。また効果を感じるのも時間がかかるデメリットがあります。そのかわり自然な白さになるのが特徴です。

オフィスホワイトニングの説明

最近は白い歯への関心が高まっており、虫歯の治療で歯医者に行ったり、歯科矯正で施術を行った際にマウスピースを使ったオフィスホワイトニングをする人が増えています。

オフィスホワイトニングは、歯を白くするためのホワイトニング方法の中で、もっとも効果的な方法の一つです。オフィスホワイトニングは、歯医者や矯正歯科などで、濃度の高い漂白剤を歯に塗布し、ライトニング照射を行って歯を白くする方法です。

オフィスホワイトニングは、歯医者や矯正歯科医の指導と管理の下で施術を行いますので、薬剤の過剰塗布を避けることができ、短期間のうちに安全にホワイトニングを行うことができます。

オフィスホワイトニングを行う場合、歯医者や矯正歯科医でカウンセリングをまず行い、歯の状態をチェックしてもらいます。重度の虫歯や歯のひび割れなどがある場合、その治療を優先されますので、オフィスホワイトニングを行うのはその後になります。また、歯周病の症状が重い場合にも、オフィスホワイトニングが出来ないと判断されることもあります。

口腔内のチェックが終わり、ホワイトニングが可能であると判断されれば、施術部分のクリーニングを行います。タバコを吸う人やコーヒーをたくさん飲む人などの場合、専門用具を使うなどしてクリーニングを行い、ヤニや汚れを落としていきます。

歯のクリーニングを行った後、ホワイトニングの薬剤を塗布します。一般的には、正面から見える上下の前歯にムラなく、まんべんなく薬剤を塗っていきます。

その後、薬剤の漂白効果を高めるためのライトを照射します。一般的なライトニング時間は、一回10分程度ですが、医療機関によって時間は異なります。最近は、熱をあまり発しないLEDライトが人気になっており、目を保護するため、サングラスを利用する医療機関が多くなっています。

口をゆすいで薬剤を落とします。効果を上げるために、同じプロセスを2回から3回行う医療機関が多いです。

歯科で歯を白くすることができる

ホワイトニングは歯の色素を落とすだけでなく根本的に白くする方法ですが、歯科医院でその施術を行うことをオフィスホワイトニングと呼んでいます。

ホワイトニングそのものは市販のホワイトニングジェルやマウスピースを使って自宅で行うことも可能ですが、医療機関で歯科医師が診療して行うオフィスホワイトニングは効果が非常に高く、自宅で行うホワイトニングとは比べものにならないほど美しい歯になるのです。

治療の手順としては、まず歯科で口腔内の診察を受けます。ホワイトニングをする歯に虫歯があると薬剤が反応して痛みが発生するため、まず虫歯の治療が優先されます。歯周病がある場合も同様です。
問題が無ければ開口器具を口腔に装着し、施術中に口が閉じてしまわないように固定しておきます。そして白くする歯の汚れを落としてからホワイトニング剤を塗布し、プラズマやレーザーなどのライトを当てて薬剤を活性化させるのです。

自宅ではライトを照射することができないため効果が薄くなりますが、医院では薬剤を有効に作用させることが出来るのです。その仕組みは、ライトを照射することでホワイトニング剤が分解されて水酸基ラジカルという化合物になり、この化合物が歯の色素を分解してくれるのです。その結果、歯が白くなり透明感も生まれます。

オフィスホワイトニングは一度の治療で完了することはほとんどなく、何回かに分けて通院し薬剤を塗布します。継続することで徐々に歯が白くなっていき、満足できる水準に達します。費用は歯科医院によって大きく異なり、ホワイトニング専門医院であれば1回の施術で1万円程度がかかり、一般歯科では1回の施術で3万円程度という額がかかります。
安い金額では無いものの、確実に歯を白く出来る方法であるためコストパフォーマンスは高いと言えるのです。

オフィスホワイトニングは医師が診察してくれるため安全性が高い方法です。安全と確実を求めるのであれば、自宅ではなく歯科医院でホワイトニングをするべきなのです。

クリーニング効果を高めたホワイトニングジェル

歯の白さを求める場合はホワイトニングジェルを使用してみるのが良いと言えます。このタイプには、シリカやハイドロキシアパタイト、ポリリン酸ナトリウムなどのホワイトニング成分が含まれており、審美面を磨くことに特化している歯磨き粉です。

研磨剤が無配合のタイプもありますので、削れが気になってしまう時にも適しています。刺激に弱くなっている状態でも安心して使用できるため、知覚過敏や歯茎下がりなどが目立っている時にも良いでしょう。
無論、口内の健康に保つための、虫歯や歯周病などを予防する効果をはじめ、口臭予防としての効果もありますから、ホワイトニング以外のケアとしても役立ちます。

自宅でのホワイトニングなら専用歯磨き粉もおすすめ

歯のホワイトニングを行う上で大切なのが、普段の歯磨きを確実に行うことです。黄ばみの原因は着色汚れのことが多いですが、歯磨きをきちんと行うことで大方は取り除くことができます。

効果的な歯磨き且つホワイトニングを目指す上で歯磨き粉選びが大切ですが、一般には研磨剤が含まれた物を選ぶことが多いです。研磨剤には汚れをこそぎ落とす働きがありますので、着色汚れを効果的に取り除くことができます。

なお、研磨剤の成分表示としては、炭酸カルシウム、無水ケイ素、炭酸水素ナトリウムなどが該当します。また、パッケージにホワイトニング効果の説明がある物ですと、研磨剤が入っていることが多いです。

ただ、研磨剤入りの歯磨き粉を使用する場合は、低研磨タイプを選んだ方が良いこともあります。というのも研磨剤で歯の表面を削ってしまうと、細かい傷が無数にできてしまい、そこに着色が起こってしまうことがあるからです。磨き過ぎになってしまうと逆効果ですから、低研磨タイプで優しく磨いた方が良いでしょう。

磨き方にポイントがあります

ホワイトニング効果を目指す上で磨き方も意識しなければいけません。やってはいけない磨き方がありますが、力任せにゴシゴシと擦ってしまうのは良くありません。前述したように歯を削ってしまう恐れがあることはもちろんのこと、歯茎を傷めてしまう恐れもあります。

歯茎が削れることで歯周ポケットにも汚れが溜まりやすくなり、最終的には抜歯の原因になる歯周病になってしまうこともあるのです。歯を失ってしまっては意味がありませんので、力の入れ過ぎには注意しなければいけません。

以上の注意点を踏まえた上で正しく磨くには、あまり力を入れないことが最も大切です。そもそも力を入れて磨かずとも汚れは落ちます。歯ブラシを軽く手に持ち、優しく磨くだけで十分ですので、力を抜いて磨くことを心がけてみると良いでしょう。

大きく動かすことなく、細かく磨くのもポイントです。ストロークが大きいと磨き残しが発生しやすくなりますので、小さく動かすことを意識して磨くようにします。そうすることで着色汚れも落ちやすくなり、結果的にホワイトニング効果もアップさせられます。

歯のホワイトニング方法の口コミ

自宅で歯のホワイトニングする方法には、上記のように3つほどあります。口コミで多いのは、やはり手軽に通販で購入できるホワイトニング剤に代表される専用歯磨き粉やジェルなどです。医用部外品に指定されているのがほとんどなので安全性は高いですよ。

 

LEDライトが効果促進

歯科の現場でも利用されるLEDのブルーライト。このブルーライトがホワイトニング剤の効果を促進することが知られています。そのためホワイトニングジェルと併用するとよいでしょう。ネットの通販でも販売されています。

 

歯が白いと人生得する

自信を持った女性

たかが歯。されど歯。顔を売りにしている芸能人が歯並びや歯の白さを気にしているように
人に与える歯のイメージは強烈です。特に歯の色は、白いだけで「いい人」「きれいな人」というイメージを与えます。

歯が白いだけで人生が特をするのは間違い事実。関心をもってホワイトニングにとりくむとよい結果を生むこと間違いなしです。

自分で出来ることから始めてみましょう。